様々な「〇〇といえば?」をまとめ

といえ場

PS4『バイオハザード RE:2(リメイク)』の評価が高い理由は?

投稿日:

バイオハザード RE:2

2019年1月25日にPS4で発売する期待作『バイオハザード RE:2(バイオハザード2 リメイク)』。

1998年にPS1で発売されたバイオハザード2のリメイクになります。

今回は、『バイオハザード RE:2(バイオハザード2 リメイク)』の5つの魅力をまとめ、人気の理由を探ります。

1.バイオハザードの人気を固めた作品である

まずは、PS1で発売されたオリジナル作品の魅力をまとめたいと思います。

1つ目の魅力は、「バイオハザードの人気を固めた作品であること」です。

初代バイオハザードはホラーアクションゲームとして非常に高い評価を獲得しましたが、バイオハザードが人気シリーズとしてポジションを固めたのは、2だと思います。 売上も初代バイオハザードの倍近く売れ、歴代でもトップクラスの数字です。

1はあくまで1つのホラーゲームという枠に収まっていましたが、2以降からバイオらしさみたいなのが生まれたと思います。

バイオハザードといえば、ゾンビの怖さなども魅力ですが、他のホラーゲームなどにはないストーリーの壮大さも魅力ですよね。 映画化もできるほどのストーリーです。

1のホラー要素に、そのストーリーの壮大さが加わったのが2です。 舞台も前作の閉鎖的だった洋館から一転して、開放的でより規模の大きい「ラクーンシティ」という都市が舞台になりました。

最近の作品しかやってない人でも、バイオハザードなぜ人気を得たのか理解することができるはずです。

2.ザッピングシステム

2つ目の魅力は、「ザッピングシステム」です。

ザッピングシステムとは、2人の主人公を操作でき、その2人の主人公の行動が影響しあうシステムのことです。

バイオハザード2では、警察官のレオンと女子大生のクレアという2人の主人公から選んで操作することができます。 それぞれに違うシナリオが用意されいるので、2つのシナリオを楽しむことができます。

と言っても、2人の主人公をプレイできるのは1とも共通なのですが、2での進化はその2人のそれぞれのプレイが連動することです。 1では2人の主人公の物語は完全に別物でしたが、2では、2人の主人公のシナリオをプレイすると、アイテムや銃弾の数が連動していたり、完全なパラレルではなく、1人目でのプレイが2人目のシナリオをプレイするときに影響を与えます。

なので、2人目プレイに備えて、あえて強い武器を取らないなどの選択を取るのもありです。 今ではそこまで革新的なシステムではありませんが、このシステムがバイオハザード2が評価を高めたた大きな理由の1つでした。

3.原作のストーリーからの改変が無い

3つ目からは、今回のリメイク版の魅力について話していきます。

3つ目の魅力は、「原作のストーリーからの改変が無いこと」です。

ストーリーの評判が悪いならともかく、ストーリーの評価が良いゲームなら、元のストーリーのまま綺麗なグラフィックで楽しみたいという人が多いと思うんです。 新しいストーリーを楽しみたいなら新作ゲームがありますし。

バイオハザード2のリメイクでは、ストーリー部分にはほぼ変更を加えていません。 正しい判断だと思います。

ただ、ギミックだったり、グラフィックの進化に合わせた演出の変化やストーリーの追加などをされているので、最新作のような新鮮味を味わえるような作品にもなっています。

4.カメラアングルが現代風にリメイクされている

4つ目の魅力は、「カメラアングルを現代風にリメイクしたこと」です。

バイオハザードのカメラは今まで大きく2回変わってきます。

バイオハザード3までは固定カメラで、バイオハザード4からは肩越し視点、バイオハザード7は1人称視点になりました。 バイオハザード2はバイオハザード4以降と同じ肩越し視点でのリメイクになります。

原作ファンの方には、同じ視点が良かったという方もいると思いますが、視点の変更のおかげでかなりやりやすくなっていて、発売前に配信された体験版でも、非常に評判の良い部分の1つです。

もちろん、バイオハザード4以降しかやってない人もいると思いますので、そういった方でも今回の視点ならすんなりプレイできるはずです。

5.ゾンビの怖さに非常にこだわっている

5つ目の魅力は、「ゾンビの怖さに非常にこだわっていること」です。 

バイオハザード7では、アクションシューティング寄りになっていたバイオハザードを原点回帰させて、恐怖の部分に非常に力を入れました。 そして、評判が良かったことから、今回のバイオハザード2リメイクでも『いかにゾンビを怖くするか』にこだわって作られています。

リメイク版2では、ゾンビは雑魚敵ではなく、1体1体が強く、集団で襲われれば非常に脅威的な敵になります。

20年前の初代プレイステーションからグラフィックが大幅に進歩し、ゾンビ、そしてそのゾンビ突然変異を起こして生まれたクリーチャー『リッカー』の表現も大幅に進歩しているので、視覚的にも恐怖を煽ります。

ホラーゲーム好きにも満足できる作品になっているはずです。

以上、『バイオハザード RE:2(バイオハザード2 リメイク)』の魅力でした!

-エンタメ

Copyright© といえ場 , 2019 All Rights Reserved.