様々な「〇〇といえば?」をまとめ

といえ場

美容にも精神にも大きなメリット!バナナの5大効果

投稿日:2019-01-08 更新日:

バナナの効果

朝食に食べられることが多いバナナ。 今回まとめるのは、「バナナの五大効果」です。

バナナは美味しいので、単純にバナナが好きだから食べているという人 も多いと思いますが、手軽に栄養を取れるからと言った理由で食べている人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、具体的に、バナナには、どんな栄養があって、どんな効果があるか知っていますか?

では、1つ目の効果から。

1. むくみ解消の効果

バナナには、カリウムが多く含まれています。 カリウムには体内の余計な水分や塩分を排出する効果があります。

つまり1つ目の効果は、「むくみ解消効果」です。

塩分の取りすぎが原因で起こるむくみや高血圧などの症状を予防してくれます。

また、カリウムには脂肪燃焼効果もあるので、運動などと合わせてバナナを食べるとダイエットにも良い効果をもたらしてくれます。

2. 便秘解消の効果

バナナには、食物繊維が多く含まれています。 食物繊維は主に野菜などから取られることが多い成分ですが、野菜が苦手な人もいますよね。俺も苦手です。

その食物繊維の主な効果として有名なのが、「便秘解消効果」です。

食物繊維は、水に溶けやすい性質を持つものと、溶けにくい性質を持つものがあります。

水に溶けやすい食物繊維は、オクラやモロヘイヤ、なめこなどのヌルヌルしたもの多く含まれていて、便を柔らかくしてくれるなどの効果があります。

次に水に溶けにくい食物繊維が、ごぼうやほうれん草、さつまいもなどに多く含まれる食物繊維で、腸の働きを活発にしてくれる役割があります。

バナナには、そのどちらもバランスよく含まれています。 それに加えて、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖なども含まれているので、便秘予防や便秘解消にはかなりお勧めの食材なんです。

3. 代謝向上の効果

バナナには、ビタミンB群が多く含まれています。 ビタミンB群には、体内の糖質を効率的にもやし、エネルギーに変化させる効果があります。

言い換えれば「代謝の向上効果」です。

代謝の向上効果があるということは、朝の短い時間でエネルギーを確保できたり、運動した前後に食べれば比較的早く体力回復できるということです。 そして、運動のダイエット効果も高まります。

先ほどのむくみ解消効果の時も話しましたが、バナナをただ食べるだけでは、ダイエット効果は期待できませんが、運動と合わせて食べればダイエット効果を高めることができる食材なのです。

4. イライラやストレス解消の効果

バナナの効果は肉体の健康に良い影響を与えるだけではありません。 精神面の健康でも良い効果を期待できます。

その4つ目の効果は、「イライラ解消効果」です。

バナナに含まれているトリプトファンは、脳内物質セロトニンを作るのに必要な栄養素です。

セロトニンは、別名幸せホルモンと言われ、ストレスやイライラの解消、集中力の増加など、精神に安定を与えてくれます。

トリプトファンは、主に肉や魚にも含まれているのですが、健康のことを考えるとあまり多く食べれる食材ではありませんよね。

だからバナナでとるのがオススメなのです。 そのほかには豆乳などの大豆製品などにも多く含まれているので、そちらもお勧めです。

5. 免疫力を高める効果

バナナには、病気にかかる可能性を減らす力もあります。

バナナの5つ目の効果とは、「免疫力を高める効果」です。

バナナに含まれているポリフェノールは、生活習慣病を予防してくれる効果があり、カリウムには動脈硬化や高血圧の予防といった免疫力上昇効果が期待できます。

特にポリフェノールは抗酸化作用があるので、肌の老化を遅らせてくれる美肌効果もあります。

最後に、「5大効果」に入らなかった他の効果については、マグネシウムが骨や歯の形成を助けてくれたり、まだ詳しい理由は解明されていないのですが、花粉症の症状の軽減にも効果があると言われています。

以上、「バナナの五大効果」についてでした!

-美容・健康

Copyright© といえ場 , 2019 All Rights Reserved.